5.4.14.地図画像・URLを取得する機能の追加

GoogleのAPIを利用し、指定した場所や住所のGoogleMap(地図)の画像とURLを取得する機能を作成します。

1)GoogleのAPIを有効にしてキーを作成する。

下記の2件のAPIを有効にします。(マップのカテゴリーをすべて表示して探してください。)

・Geocoding API

・Maps Static API

APIの有効化の方法は、「5.2.4.3.Googleのライブラリ(Cloud Speech)の利用準備」を参考にしてください。

認証情報から「APIキー」を作成してください。ここで作成/利用するキーは、参考としている「5.2.4.3.Googleのライブラリ(Cloud Speech)の利用準備」で作成したサービスアカウントキーとは種類が異なるので注意してください。

APIとサービスの認証情報から認証情報を作成、APIキーをクリックで作成できます。

作成したAPIキーは、APIキーの項目の下記の赤枠の部分に表示されます。

 

2)プログラムを作成する

[get_map.py]

①地図の基本的な情報(緯度/経度等の情報)を取得するプログラム

今回作成した「GoogleのAPIキー」と「住所または建物/場所の名称」から地図の基本的な情報を取得する関数を作成します。

②地図画像を取得するプログラム

「①で作成したget_mapinfo」を利用して基本的な情報を取得。その情報から取得できる「緯度/経度」をもとに地図画像を取得する関数を作成します。

③地図のURLを取得するプログラム

「①で作成したget_mapinfo」を利用して基本的な情報を取得。その情報から取得できる「緯度/経度」及び「place_id(場所に割り当てられた番号)」をもとに、対象の地図のURLを取得する関数を作成します。

④テストする。

テストのプログラムです。googleのAPIキー、アドレス、ファイル名が引数として必要なので準備しています。googleのAPIキー、アドレスが正しくないと画像の取得、URLの表示が出来ないように分岐を入れてあります。

getmap.pyを実行し、地図画像がファイルに保存され、URLが表示されたらOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です